中古の軽自動車を購入:エンジンオイルが大切

3年前に、中古の軽自動車を購入しました。車種は、スバルのR2です。予算優先での購入でしたので、車種の選択肢はほとんどありませんでした。中古車ショップでは、希望の予算に合う車を2台紹介されました。どちらも同じスバルのR2でした。年式が新しく、走行距離が短い方を始めに見せてもらいまいした。中古車の購入時には、見た目よりも、エンジンルームとエンジンオイルが重要と思っていますので、早速エンジンルームを開けてもらいました。エンジンルームは綺麗だったのですが、エンジンオイルを見せてもらったところ、「ドロッ」としており、良くないサインでした。軽自動車の場合、オイルが一度劣化しすぎた状態になると、その後いくら綺麗にしたつもりになっても、またすぐに汚れてきてしまい、燃費にも影響してくることから、この車は選択肢から外しました。もう一台の方は、最初のものより、年式は少し古く、距離も走っていたのですが、オイルは綺麗でした。また、車のメンテナンスの記録も残されており、前のオーナーが車を大切に乗っておられたことが伝わってきましたので、こちらを購入することにしました。

小回りがきく我が家の愛車・ラクティス

2010年式、ボディ色は白のトヨタ・ラクティスに母と兼用で乗っています。燃費もそこまで悪くはないし、見た目が他のコンパクトカーには無いようなデザインなのでとても気に入っています。車高が高いので、乗車した時の圧迫感がほとんど無いところも、購入する際の決め手となりました。
私も母親も日焼け・紫外線が気になるので、オプションでUVカットフロントガラスにしました。安心してドライブが楽しめます。ディーラーオプションのCDデッキもつけて、いつも音楽を楽しんでいますが、スピーカーもしっかり重低音が出て良い感じです。
また、標準で16インチのタイヤを履いているというのも、コンパクトカーでは珍しいと思います。

ラクティスについての不満をあえて言うとしたら、毎年家族でりんご農園へ行き、りんごを大量に購入して積んで帰るのですが、そうするとやはり山道では全然スピードが出なくて後方車にどんどん追い抜かされていきます。もうちょっと馬力ある車にすれば良かったかなぁ…なんて浮気心が芽生えてしまうこともありました。あと結構車高が低いので、北海道の冬道だと床下擦ってガリガリ音をたてることがよくあったので、今日はどの道を通ったらいいか、といつも考えながら狭い団地の中を運転していました。今度はもうちょっと大きめの車を購入してみようかな、と考えいます。

中古車の購入で時間を掛けたという話

家には沢山の車があって自由に乗れる状態です。しかしそれらを買うためには色々な出来事がありました。
例えば以前は中古車の購入で家族と揉めました。その時は家族も車が欲しくて周囲を探していたのです。そこで私も一緒になって中古車の店を見ました。
実際に周囲には中古車の店が多くて非常に驚きました。そこには日本車が多くて納得することができました。しかし肝心の値段はどれも高くて家族も焦っていました。
そういう時期に知り合いが中古車の店を紹介してくれました。知り合いは車のプロで中古のマーケットに詳しかったです。そして私は店を見に行って気に入った中古車を購入しました。
最初は中古車の状態をチェックして家族と相談をしました。すると家族も納得して買いたいと言ってきました。私はまだあまり使用していない中古車なので大丈夫だと思いました。
結果的には私と家族で協力して支払いを終えました。中古車は格安で相場を見てもお得だったと思います。またこの次は外国車を買いたいという欲求も出てきました。